予定表

ソフトでの管理が重要

スケジュール管理も顧客管理もソフトで管理する事が非常に楽ですし有効的です。現在では顧客管理やスケジュール管理のソフトは多数販売されています。多くのソフト会社が様々な付加価値を付けてソフトを販売しています。

スケジュール管理や顧客管理はこれからの時代を生き抜いていく為には、企業にとっては必要不可欠なものと言えます。社員のスケジュールや顧客を管理する事によって得られる売上と利益は多大なるものがあります。

アプリに管理されないこと。
出来るビジネスマンが、顧客管理やスケジュール管理はソフトで行っていることは前述しました。だからといって、情報管理をソフトで行っているからといって業務が効率的かつ合理的になるかというとそうでもありません。

効率性や合理性を向上させるようアプリケーションソフトを導入することはよいことだと思いますが、ソフトが複雑すぎたり煩雑な処理を求められるようなソフトだったとしたら逆効果になります。

顧客管理もスケジュール管理も、ビジネスを効率的で合理的に進めていくための一つのツールでしかないことを肝に銘じておくべきです。

管理するツールに翻弄されないことがなにより大切でしょう。

スケジュール帳

スケジュール管理の必要性

会社にとって社員のスケジュールを管理する事は大変重要です。スケジュールを管理する事によって、業務の効率化は高まりまる事は間違いありません。誰がいつどこへ行って何をしているのかをしっかりと把握する事が重要となります。

また、個人ではスケジュールを管理するには今までは手帳などに書き込んで管理する人が多数でした。しかし、インターネット環境の整備やパソコンやスマートフォンの普及によって、今ではインターネット上やスマートフォンで管理する方が非常に増えました。

顧客管理の必要性
顧客管理とはお客様がいつ誰が、何を、どのように購入してくれたのかや、どこで使用するのかなどの情報を管理する事です。その情報を管理する事によって企業には様々な利益がもたらされます。

購入者の好みが分かれば、その方に似たような新製品が発売された時に案内する事が出来ます。他にも店舗で考えれば、どのお店でどの商品が売れているのかまでを把握する事によって、どの商品を重点的に販売すればよいのかを決定する事が出来ます。

メモ帳

様々な管理ツール

もっとも古典的で、手軽なのが手帳ですが、これは現在ではスマートフォンやタブレットPCに押されて市場が小さくなりつつあります。とはいえ、紙に書かないと落ちつかない世代の方や、嗜好者を中心に手帳もまだまだ一般的です。

また、スケジュール管理や顧客管理は、煩雑になりがちです。特に顧客管理に関しては、その情報が個人情報に当たる場合など、その管理方法にも注意する必要があります。そのようなセキュリティも備えたソフトウエアも多く販売されています。

顧客管理の注意点
顧客管理の際に注意しなければならない点はいくつかありますが、もっとも難しく重要であるのは、先述した個人情報の管理です。平成15年に施行された個人情報の保護に関する法律などにより、個人情報(個人を特定できるような情報)を取り扱っている事業者にはその保護が義務付けられるようになっています。顧客管理はそのほかにもビジネスのアイディアに繋がる重要な情報を秘めていることもありますので、スケジュールと同様にビジネスパーソンにとってこれら管理を制することは非常に重要です。